後藤瑠菜さん“夢”について語る!

宮崎の現役大学生ダンサーの後藤瑠菜ちゃんにインタビュー

宮崎の現役大学生ダンサーでSDSダンスインストラクターの先生でも活躍しており、今一番勢いがある後藤瑠菜ちゃんに「夢」についてインタビューしてみました。

(頭の上に空のペットボトルを乗せて体幹の凄さを笑顔でアピールしてきました。笑)

 

YUMEZAKI FESTIVALでのダンス出演はどうでしたか?

YUMEZAKIに出れた喜びやMRT miccという大きな舞台で踊れて楽しかったです。実はYUMEZAKIで踊らせて頂くことは3回目で、今回踊ったメンバーでYUMEZAKIで踊るのは初めてでした。そして、YUMEZAKIのために結成したチームでした。

(女性4人が集まった「らいおん」)

今までの中で一番自分が自信を出せたステージでした。踊ってて凄く気持ち良かったです。

実は、この4人は元々プライベートでみんなで遊ぶようなメンバーでは無かったです。ただこの3人は個性があったのでコラボしたら面白いし何よりこのメンバーで踊ってみたい!と思って声を掛けさせて頂きました。

実際にこのメンバーと踊ってみて、やりたい事も出来るし、妥協もしないし、みんなで意見を言い合ってそれぞれその意見は尊重し合えて、練習から本番まで充実してましたし楽しかったです。

本番が終わって、色んな人や私の尊敬する方にもこのメンバーで続けてもっと活動して行った方が良いとたくさん言われました。私もこのメンバーでまだ踊り続けたいと思ってはいるのでまだまだ頑張ります!

(急遽出場が決まった、MIYAZAKI DANCE PARKで優勝を勝ち取りました。)

 

ダンスを初めたきっかけは?

4歳から初めて、物心つく前からダンスをしてました。家でずっと踊っていたのがきっかけに親がダンススタジオに入れました。

(幼少期の瑠菜ちゃん。)

小学校5年生の時に、人見知りだった私がダンスでもっと人前に出たい!って思いました。自分でも分かるくらい変化に気付きました。そこからダンスがもっと上手くなりたいと思いました。

このときに、ダンスの先生になるという夢が出来たきっかけになりました。

そして高校3年生のときに、ダンスコンテストのクラスリーダーを任されました。クラスのダンスレベルを高めないといけないので、ダンスのことでもっとこうしたりあーしたりを自分で考えて指示したり教えたりする時に、やっぱり私はこういう事が好きなんだと改めて認識出来ました。

自分が踊ることも好きだし、人にダンスも教えることも好きだし、何よりダンスが好きだって思いました。当時は寝ながらダンスするほどダンスを愛してました(笑)

 

愛してやまないダンスを嫌になった瞬間は?

小さい頃に辞めたいって時期はあったみたいです。でもそこで親が無理矢理ダンスに通わせて、そこから抜け出しました。ダンスは楽しくて楽しくてしょうがないです。辞めたいって思ったことは一度も無いです。

ただダンスしてなかったらどうなってたのかなぁ〜ってのは考えたことはあります。週6レッスンがあるんですけど、たま〜〜〜に休憩したいなぁって思うことはあります。言えないけど(笑)

でも何もしなくなるほうが嫌だし、なによりダンスが楽しいからダンスをやり続けます。

 

今年念願のダンスインストラクターになって

ダンスインタラクターのお話を頂いたときは、「嬉しい」しかなかったです。良いのか悪いのか分からないけど不安が全くなかったです。やっとなれた喜びが有り頑張ろうと思えました。

(SDSダンススタジオ インストラクター RUNA先生  水:18:00-19:00キッズクラス  日:19:00-20:30 大人クラス)

もうすぐでインストラクターになって1年経つんですが、今ではキッズクラス15人と大人クラス30人ぐらい私のレッスンを受けてくれてます。凄い有り難いです。

(RUNA先生と大人クラスの生徒の皆さん)

生徒の皆さんには「気持ち」ってのを伝えています。私のなかで、踊るうえで気持ちってのを大事にしてて、踊るときに曲を聞いて“楽しい”だったり“切ない”だったり“苦しい”だったりを踊りに表現して魅せるということを生徒の皆さんにはしっかり伝えて行きたいと思ってます。

 

インストラクターになって大変・嬉しかったことは?

最初の頃は、1人1人の生徒さんがダンスに対してどう思ってるのか、「ダンスを高めたい」「体を動かすために来てる」色んな思いでダンスに通っているのでその思いをどのように答えて行くのを考えるのが大変というか難しかったです。

そこで生徒さん1人1人にしっかりと向き合おうと思って、毎回レッスンでは1人1人と話したりウォーミングアップも一緒にやったり、ダンスレッスンだけではなくコミニュケーションをたくさんとるようにしてます。ダンスだけでなく私や生徒さんの色んな思いを共有出来れば良いなと思ってます。

毎回生徒さんには感動しています。ストレッチとかでも、こうやった方が良いですよと教えると一生懸命やってくれたり、質問をたくさんしてくれるとこが凄い嬉しいです!

つい先日のレッスンで、普段はノリノリな音楽で練習するんですが、私がなぜダンスが好きか、どうい思いやどういうことを心掛けて踊ってるのかを生徒の皆さんに知ってもらいたくて、いつもはやらないような日本語の曲で踊ってみました。

それぞれが自分の感情を出して踊っていたり、私のダンスに対する思いを少しでも汲み取ろうとしてて本当に嬉しかったです。

(日曜日 大人クラス 練習風景)

楽しそうにダンスをしてたり。一緒に時間を共有出来たり。練習に来てくれるだけで嬉しい。インストラクターになって良かったなぁ〜。

 

今年、SDS発表会プロデュースしてみて

一言で言うと楽しかったです。全然楽では無かったけど・・・笑

不安は常にありました。だけどたくさんの人が支えてくれて、同じインストラクターの先生だったり、生徒さんだったり、生徒さんの保護者だったり、色んな人が声をかけてくれて嬉しかったです。

プロデュースはしたけど、私がやったというよりたくさんの人と一緒にこの発表会を作れました。色んな人の力を感じて、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に沢山の人に支えられました。

思い出すだけで泣きそう〜(泣)

(インタビュー中に色々思い出して涙流しながら語ってました。)

気が付けば終わってました。幕が降りた後に、先生達や出演者の皆さんが拍手をしてくれてその瞬間に終わったんだって思いました。

その後、先生達から褒めて頂いたり、今まで交流の無かった生徒さんから「発表会楽しかったです。ありがとうございます。」

と声をかけて頂いてその時に達成感を感じました。

必死すぎてやって良かったと思う余裕もなかったけど、終わってからたくさんの人に感謝されたことで、やって良かったなぁって思いました。

 

これからダンスで伝えていきたいことは?

ダンスの楽しさを伝えるのは第一にあって、踊るのが楽しいと思える人達にはもっと具体的にダンスはこういうのがあって楽しい!ってなってくれれば良いなと思ってます。

私は、踊りに気持ちをのせたり、感情でダンスをすることが好きです。ダンスを見て、カッコイイとか切ないとか幸せそうだとか、ダンスを見ながらこういう物語があってダンスで背景が見えることもあります。

背景が見えるダンスをもっと伝えていきたいし、ただ踊るだけではなく色んな感情や気持ちを持ってダンスしてくれる人が増えていってくれれば良いなと思ってます。

ダンスは言葉を使わない意思疎通の手段だと思ってます。ダンスだけで色んなことを伝えれる役割だと思ってるのでそれを伝えていけれれば良いなと思ってます。

(ダンスの話しをする時は、目がキラキラ輝いて話していました。)

 

後藤瑠菜にとって“夢”とは?

「人生の道しるべ」です。

これからも大好きなダンスで宮崎を盛り上げて欲しいです。

 

後藤瑠菜のプロフェール

後藤 瑠菜さんの経歴書はココ>>

「らいおん」YUMEZAKI FESTIVALダンス動画