端本さんが美容師の楽しさについて語る!

夢や働くやりがいを社会人の先輩、端本さんにインタビュー!

3月17日の#宮崎人はカワイイのヘアセットブースで参加する、“端本 崇子さん”にYUMEZAKI CHANNELがインタビューを行いました。今回は美容関係の仕事に就きたい夢を持っている大学2年生の長野朱莉さんがインタビューを行いました!

(初対面とは思えないほど楽しく取材を行っていました。)

 

#宮崎人はカワイイのヘアセットブースのコンセプトは?

ヘアアレンジを推したいと思っておます。ヘアアレンジはし過ぎると結婚式というイメージがあるので、ラフな感じだけど周りから見たときにそれカワイイねと言われるようなヘアアレンジをしたいと思ってます。

イメージとしては、ナチュラルだけど女性らしさがあるみたいなヘアアレンジをやりたいと思ってます。ヘアアレンジの楽しさも伝えていきたいなと思ってます!

(インタビューしながら、長野さんに似合うヘアアレンジも伝えていました。)

美容師になったきっかけは?

小学校のときに通ってた美容室のシャンプーの匂いが大好きでした。シャンプーが気持ちよかったのが印象的で、その通ってた美容師さんがシングルマザーでやっていて、子供達にもアットホームなお店で、将来私もこんな美容師さんになりたい!って思いました。その美容師さんに「どうしたら美容師になれますか?」って質問したのを覚えています(笑)

そこから学生時代、友達の髪の毛をいじったりするのが好きでヘアセットをしたりしていたら友達に「美容師向いてるよ。」の一言から美容師になろうと再認識しました。

そして高校生の頃、美容室でアルバイトを始め美容専門学校に入学してそのまま美容師になりました。

(美容専門学生時代の端本さん。)

 

美容師のやりがいは?

私の中で仕事の辛いことは“7”で嬉しいことは“3”だっとして辛いことが断然多いけど、その中でお客様から些細な言葉「あなたのシャンプーが一番好きだよ」「あなたに髪の毛を切ってもらいたい」とか言われると美容師やってて良かったなぁ〜って本当に思います!

美容師は離職率が高いと言われて、給料が低いとか立ち仕事がきついとか様々な理由があるけど私は美容師を辞めたいとは思いませんでした。

それよりも美容師のやりがいや喜びのほうが強いので、楽しいです。

 

ヘアアレンジのイベントをやってる目的は?

今まで自分でヘアアレンジのセミナーイベントを2回企画しました。まず単純に理由としては、ヘアアレンジの楽しさを伝えたい!からこのイベントが始まりました。と同時にどうイベントを行って良いか分からないとかあったけど、その時たまたま出会った南原くん(宮崎人はカワイイでDJで出演)のサポートなどもあり、無事初めてのヘアアレンジのイベントを開催出来ました。

(初めてのヘアアレンジのイベントでサポートしてくれた南原さん)

初めは若い世代がメインだったけど、今は主婦の方にも来て頂いています。主婦の方は子育てが忙しくてオシャレを楽しめる時間が無いって方でも、ヘアアレンジを自分で出来るようになって自信を付けて欲しいと思っています。

(ヘアアレンジのイベントの様子と参加者の写真)

実際にヘアアレンジが上手くいっただけで、その日のテンションが高まったり、自信がついてキラキラ出来ますよ!

(端本さんのへアレンジ作品)

 

今後の目標は?

独立をしたいです!宮崎を盛り上げたいって人が県外の人が意外と多いので、地元の人が宮崎を盛り上げれるような人になりたいです。私のヘアスタイル「pitaka_style」をもっともっと色んな人に伝えていけれるようにしたいです。

そして、美容以外のことでも勉強していきたいです。誰かに何かを伝えたい時に美容のことしか知らないと勿体ないのでもっと色んな勉強もして行きたいと思ってます。

 

社会人の先輩として、後輩たちへアドバイスを。

「失敗を恐れず行動して欲しい」です。

一歩を踏み出す環境や人脈が無かったら「こんなことがやりたい!こうしたい!」などを口に出して周りの人に伝えてみることは大事だと思います。

実際に私も口に出してたことで、色んな人の支えがあった事で、自分でヘアアレンジイベントを出来るようになりました。そして知り合いの知り合いなどで同じ目的を持った人とも出会えるきっかけにもなりました。今自分がやりたいことがある人は是非、挑戦して欲しいです!

23歳で熱い夢を持った、端本さんのインタビューでした。彼女の想いやヘアアレンジを体験したい方は、17日開催される「#宮崎人はカワイイ」にて是非遊びに来て下さい。

 

端本 崇子さんのプロフィール

端本 崇子さんの経歴書はココ>>

 

3月のYUMEZAKI CHANNEL人気No.1記事はコレ!

女性が楽しめるInsta Party開催!

記事を読む>>クリック